信者さんのおはなし

信者さんのおはなし

神様になったこどもたち

幼くして我が子2人を亡くした愛智さんご夫妻。悲しみが悲しみのままで終わらない助かりの道を教えてくれたのは、教会との出会いだった。  
信者さんのおはなし

私にできることは

病気で苦しむ親友のためにボランティアで「グリーフケア」を始めた髙井さんが、その中で見つけた神様の願いとは。
信者さんのおはなし

人の幸せのために

人の幸せを願うことを大切にしてきた佐藤さん。順風満帆な毎日を送っていた佐藤さんが脳の病気にかかり気付かされたことは…。
信者さんのおはなし

忘れられない泣き声

第1子が重症仮死で生まれ、つらい気持ちを抱えながらも教会へ参拝を続けた大園さんが教わったことは…。
信者さんのおはなし

亡き夫の魂と共に

43歳で亡くなった剛史さん。病気で衰弱していく中でも毎日神様に手を合わせる剛史さんが、生前妻に遺した言葉の数々、その思いとは…。
信者さんのおはなし

お役に立つ会社であれば

日本一のかばんの産地・兵庫県豊岡市で、かばん作りの会社を営む服部さん。コロナ禍によって仕事が激減したのだが…。
信者さんのおはなし

分かろうとしてくれたから

家の近くにある教会に毎日お参りするようになった藤原さん。そのきっかけは、悩み事を聞いてくれる先生の姿勢にあった。
信者さんのおはなし

加治木の土になれ!

東京から鹿児島に嫁ぎ、3人の子どもにも恵まれ、幸せにくらしていた大原さん。しかし、突然夫を胃がんで亡くしてしまう。
タイトルとURLをコピーしました